【ダンスレッスン法】ヴォーグダンス&ストリートダンス - 東京のダンススクールNAVI

東京のダンススクールNAVI
Home » オススメレッスン法 » 【ダンスレッスン法】ヴォーグダンス&ストリートダンス
オススメレッスン法 | 11月13日更新

【ダンスレッスン法】ヴォーグダンス&ストリートダンス

ヴォーグダンス&ストリートダンス

ダンスをはじめたきっかけを教えて下さい。

あるサイトで動画を見ていたときに、たまたまヴォーグダンスやストリートダンスの動画を見つけたことがきっかけです。

おすすめのダンスレッスン法があれば教えて下さい。

初めは自分はかっこいいと思った人のダンスを見まくって、あとはひたすら動きを真似ていました。
自分の場合はベースが全くなかったので、どうなのかわかりませんが吸収が良かったかと思います。
ダンサーの方にお話を伺うとダンス習ってると二通りあるらしく、ベースがあるからさらに上達する人と、ベースがあるからそれが壁になってしまう人だそうです。
勿論いままで習ってきたことをまっさら忘れて新しいことを覚えろということではないのですが、ダンスにはさまざまな種類があり、それを勉強して自分の中に取り入れてたくさんの動きの引き出しを入れていく作業が練習なのだそうです。
そうしたうえで自分での振り付けダンスを考える作業なので、下手にベースがあってなかなか伸びないよりは、まったく知らない状態からカッコいい!すごい!と思った人の動きを単純に真似してみて覚えてみるのが、自分は受け入れやすいし上達が早いと思います。

そしてそこからもっと勉強したいと思ったら世界にはたくさんの種類のダンス、動きがありますから、そこからまた新しいダンスをみて、自分の中に新しい引き出しを増やしていく。
というのがいいのではないでしょうか?

あとは動きの幅を増やしていくなら、一つのテンポの中でいかに動きを組み込んでいくか?だとも思います。
一つのテンポの中でどれくらい動きを増やせるか?
あとは動きまくるだけじゃなく緩急、ストップ&ゴーだったりですね。

それから、指先までの意識だと思います。
上手な人は指先までちゃんと神経を行き渡らせている。
バレーとかがわかりやすいのではないでしょうか?
ハンドダンスやウエーブでは当然使うんですが、普通の動きの時の振り付けの時に、上手な人はやはり指先まで神経を行き渡らせています。

top