【ダンスレッスン法】ストリートダンス&フリースタイル - 東京のダンススクールNAVI

東京のダンススクールNAVI
Home » オススメレッスン法 » 【ダンスレッスン法】ストリートダンス&フリースタイル
オススメレッスン法 | 12月10日更新

【ダンスレッスン法】ストリートダンス&フリースタイル

ストリートダンス&フリースタイル

ダンスをはじめたきっかけを教えて下さい。

9歳のころにテレビでSPEEDなどが大ヒットしたのがきっかけで、私もあんな風に踊れるようになりたいと思ったことがきっかけです。

おすすめのダンスレッスン法があれば教えて下さい。

練習方法の基本を、基礎や体の使い方(アイソレーション、ウォーミングアップ)などをしっかりしたうえで大きい動きで動くことが重要となります。
私はいわゆるキッズダンサーと呼ばれる年齢から始めて、いまでは20年近くダンスにかかわり、指導、大きなステージ、クラブダンサーなどをこなしておりますが現在もかわらず行っていることがあります。
必ず練習を始めるときにウォーミングアップとしてアイソレを行うことです。
スポーツ選手やアスリートも皆さんやっていることと同じでダンサーもアスリートです。
あとは、フリ覚え。フリに関しては徐々に覚えやすくなっていきます。
そして、雰囲気。これに関しては多数の音楽をきいてた方向に体を動かし、余韻などを覚えていくことでいわゆる`Groove感‘な雰囲気がでてきます。
これがあるかないかで、初心者でも、プロでも動きは変わっていきます。

また、練習方法のひとつに場所にこだわらない、というのも重要な気がします。
例えば、鏡がないと、とか、スタジオレッスンだけでしか練習できない、、とか。
なくてもカメラで撮影すれば今の時代客観的にみれます。
また大きな舞台にたっていくほど、自分の姿をみずに踊ることを覚えていかなければならないので鏡があるのが一概にいいとは言えません。
もちろん、見直しなどにとても必要ではあります。

ここからは少し、込み入った上達方法ですが普段からの筋トレ、音楽にふれる、好きなジャンルに触れる、感性を動かす、ミュージカル、ドラマなどからインスピレーションを受ける。
アーティスト、クリエイターとして自覚をもつことでかなり世界観は広がります。
ここにたどり着くのか、ただ誰かの与えられたものかを踊るのか。
でダンサーとしての道は大きく変わってくるかと思います。

シンプルですが、だれか偉人の真似事から始めましょう。
憧れの方が行ってるから、私も、僕も、真似をしてみよう。
そこからダンサーとして吸収できるものが変わると思います。

top